スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安倍、逮捕!」本当の様な嘘の話。

  「安倍、逮捕!」本当の様な嘘の話 

平成24年の衆院選出馬以来犬丸は
憲法改正阻止と
不正選挙NOを叫び続けていた。

国民主権とおだてられ、のんびり生きてた
犬丸は能のない政治家でも何か政治やってくれれば
それなりに良いだろう。と思っていた

日本には素晴らしい憲法がある。
この憲法がある限り国民の平和と権利は守られる。
日本国憲法よ永遠なれ!
と憲法永遠論を信じていた。
しかし、突然降って湧いたような改憲騒動。

新憲法制定とおめでたいこと言ってた中曽根おじいちゃん、
日本国憲法は別れるべき恋人だなどと東京都議会でハレンチ
騒ぎを繰り返していた石原おじいちゃん。

いや、今度は違う。
あの戦後生まれで戦後の日本国憲法下で育った橋下坊やが言い始めたのだ。
これは変わるな!犬丸の直感がぴくぴくと動いた。

案の定、改憲論議は国会議員といういういわば憲法擁護義務がある人々の口から
発せられ、それがたちまちのうちに政治的問題になり、世の中全てが改憲の雰囲気に包まれて
しまったのだ。

もし同じことを、いまだに指名手配されている
革マル派の面々などが叫んだらどうなっただろう。
きっと世の中は
「おお、怖い。憲法改正(改悪)などと叫んでいる。
日本をどうする気だろうね。私達の安全は?」
などと、改憲の話に食いつくどころか、
こそこそ騒いで、いつしか立ち消えただろう。


ところがである。日本の政府与党である公明党と
自民党が叫べばそれは肯定的にとらえられ
いい年した櫻井よしこおばさまはじめ、世のじじばば連中や
若者(ばかもの)までが憲法改正
の流れへと進んでいった。おかしなものである。

平成27年。犬丸にとってもう後がない選挙。
安倍自公、野党連中が「改憲」どころか
「新憲法制定」を叫び始めたのだ。
これはもう革命だ。
日本が一部の政治家に乗っ取られたのだ。
あり得ない。
戦後のドタバタで日本国憲法ができたと言うが
それでも連合国やGHQの手続きは踏んでいただろう。
しかし、今度は一部の政治家による詐欺で憲法が変えられるのだ。
しかも、憲法の趣旨までも。

それでもおめでたい国民は自民、公明
(何でここで支持者少数の公明党が出てくるのかいまだにわからない。)
民主ほかの政府を信じてもろでを挙げて喜んでいる
犬丸は泣きたい気持ちを抑えながらそれでも支援して下さる方々の励ましで
頑張った!
いよいよ開票の日。
相変わらず皆様のいかさまNHKが当選確実を告げた
勿論犬丸の名前がない。
がっくりと肩を落とす支援者と犬丸。

ところがところがである。
奇跡が起きた。
東京選挙区で犬丸がトップの得票数を得たのである。
今でも信じられないのだが

もしかすると自公優勢になるようにとせっせと作った
偽造不正票を仕込んでいたにせ投票箱がなにかの手違いで
本物の投票箱に戻っていたのか?

それともバーコードの異常が起きて(機械も万能ではないのだ)
予めセットしてあった当確の票が崩れたのか?
犬丸だけではない。色んなところで色んなどんでん返しが起きた。
これまで一度も狂ったことがない
NHKの当選確実がどんどん変更される事態が発生したのだ。

もう、うれしかった。
奇跡は起きた。
神は存在したのだ。

しかし奇跡はそれだけではなかった。
不正選挙NOの犬丸勝子氏大勝利!と大きく報じる新聞の横に小さく
落選した各党の大物議員の名前
そして「安倍逮捕!」の記事。

そうか、司法も正常に戻ったのか!
しかし、それはちょっとはや合点だった!

先の首相、安倍晋三は昨夜、自身の落選の報を受け
そんなことはない。そんなことはない。確かに偽票は作った。
大金出して票も買った。
何故だ、何故だと選挙結果に納得がいかず
新宿の開票会場に乱入し
机や椅子を振り回し、おまけに投票用紙をそこらじゅうに振り回し、
それでも収まらず「ムサシ」の機械にまであたりちらし、
これを導入したのは不正選挙で自公が政権を維持し続けるため
 「担当者を呼べ!」 
などとここでも訳の分からないことを叫んだ。
結果、器物損壊などの実行犯で逮捕されたのだ。

安倍晋三なき後の政界がどうなったかって?
これまでにたまりにたまった借金と
これまでに作りに作り続けた違法な法律の精査で
日夜業務に追われたことは言うまでもない。










スポンサーサイト

小沢さん、いったい何がしたいの?恨み節ではないけれど素直な気持ちで聞いてみたい!

小沢さん、いったい何がしたいの?恨み節ではないけれど素直な気持ちで聞いてみたい!

平成24年12月、
どんどんおかしな方向へ行こうとする日本の政治に危機を感じ、
政治という未知の世界に飛び込んだ。
ちょうどその時小沢さんが
「日本未来の党」を旗揚げして
「原発反対だけで一緒になれる」と言った。
公募もまだ間に合うと言う。
言われるままに書類を送り、あちらこちらと言われるままに連絡を取った。
気が付いたら選挙も終わっていた。
一体あれは何だったのかと聞いたら
「書類なんて届いていない。きっと工作員の仕業だろう」という返事。
生活の党(日本未来の党)の支持者からは
「犬丸さん、あれは不正選挙だったんですよ、候補者なら訴訟ができます。裁判起こしてください」
という連絡が来た。最初は
「ええっつ、今の日本で?」
と信じられなかった。不正選挙などというのはまだ国ができる時の選挙で第三国
などがするもの。先進国の日本で不正だなんて!という考えだったのだ。
しかし、調べれば調べるほどおかしな選挙だと言う事に気が付いた。
あなた、日本の選挙が正しいと本当に思っているの?おめでたい!
という考えに変わるのに時間はかからなかった。
今の日本の選挙に何一つ正しいと言えるものがなかったのだ。
それからの犬丸は裁判のためにどれだけの時間を費やしただろう。
翌年の7月には参院選があった。
犬丸も出馬したがその間も選挙どころでは無く不正選挙の調査や裁判の訴状書きにおわれていた。
そしてついに自分の目で不正の証拠を掴んだ。
目黒の開票会場。そこで目にしたのは同じ筆跡の投票用紙。
なんと候補者名まで印刷された投票用紙がずらっとテーブルに並んでいたのだ。
開票管理者の景山氏に申し入れしたが全く動こうともしない。
これだけの証拠があれば裁判も動くだろう。
ところが犬丸が起こした裁判だけは公開法廷も中止になった。
裁判まで不正!
なす術もない犬丸に追い打ちかけるように平成26年12月解散総選挙。
不正選挙裁判と闘い続けていた犬丸は衆院選へ向けての準備など何もできていなかった。
平成26年12月。選挙が終わった。ただただ不正選挙裁判と闘い続け敗れただけの2年間だった。
その中に3回の選挙があった。
しかし、しかし、その間小沢さんは何をしていたのだろう。
国民主権だとおだてられ、主権者だと思い込んでた犬丸達から
唯一の選挙を奪われて何が主権者なんだろう。
それに対して何も言わない小沢さん。
犬丸は小沢さん支持者の人から教えてもらったばっかりに不正選挙と戦う羽目になってしまったというのに。
しかし、本来不正選挙でたくさんの落選者を出したとされる生活の党(日本未来の党)の小沢さんこそが大きな声を挙げなければならないのではないか?
もしかして小沢さんの耳には支持者からの不正選挙の訴えはなかったのだろうか?
日本の七不思議!
四国高松では選挙管理員による前代未聞の不正選挙まで起きたのにいまだに不正を訴える政治家がいない。

平成27年1月突然生活の党が名前を変えた「生活の党と山本太郎となかまたち」
党首も小沢さんと山本さんの二人党首??
政党交付金のために俄かにかかわったとしか思えない人を党首にする?

そんなにお金が欲しいの?
そうだね。お金がなければ何もできないしね(涙)

しかし、支援者の方々はそれで満足なのだろうか?
続いて党の他の構成メンバーを見てみた。
ここでも何がしたいのか疑問?

生活の党と山本太郎となかまたち
The People's Life Party & Taro Yamamoto and Friends

代表
小沢一郎
山本太郎

副代表
主濱了
谷亮子

代議士会長
玉城デニー

参議院会長
主濱了

成立年月日
2012年12月27日(分党確認書)
(前身の日本未来の党の成立は2012年11月28日)

代議士会長 玉城デニー 氏はアメリカ兵を父に持つ人。
沖縄から海兵隊が引き揚げたらきっと「自衛隊を沖縄に」となるだろうとイヌマルミツカ、犬丸勝子のブログ「東京」で予想したが正にその伏線とも取れる人材がここにいた。そのことを支援者は知っているのだろうか?
マスゴミに作り上げられた正義の人小沢さん。
しかし、いったいこの人は何がしたいのだろう。
今度は野党大連立などと言っているようだがただただ大連立しても基本がしっかりしていなければ意味ある連立にならないことは既に承知のはずだ。むしろ大政翼賛になってしまう。残念ながらもうなってしまっているかも知れないが。
ほんの少しだが生活の党と関わったことでただ一人不正選挙を叫ぶ政治家(候補者)となってしまったがうらんでいるわけではない。ただ、犬丸のように政治に出たてと違って若いころから政治の世界にいた人がもうすこし頑張ってくれれば日本の政治もここまで壊れずに済んだのではないのかと残念な気持ちだ。




リンク
「犬丸勝子を当選させてください」
代表 犬丸勝子 
2016年参院選 東京選挙区 立候補
犬丸勝子は当選したい。 1票下さい。お願いします。  日本は国と言えるでしょうか? 失われた20年とか30年とか言います。 日本を取り戻すと言って、実際は
外国のために年金のもととなる財産を
どぶに捨てるように無くす
マイナンバーは社会福祉、医療費等を
減らす目的で管理するための番号を国民に付けるものです
不調を訴える人が増加し、放射線問題が根底に
あるとわかっていながら、更に日本全土に
汚染を振りまく環境省
消費税は貧富の差を拡大させる間接税で、
持てる者だけが潤う仕組み
(課税逃れのパナマ文書問題もあります
政府、議員関係者だけが
潤う公共投資(アベノミクス)
これでついに日本の赤字が1000兆円を超えた
この他
日本人を困らせる政策をどんどん押し付ける
これは売国政府そのもです
憲法改正〜国民にとって必要ですか?
自衛隊を海外に出し、戦争することが
なぜ日本を取り戻すことになるのですか?
野党の言う憲法改正反対は「
安倍さんが決める憲法改正」がダメなだけで、
国民投票で憲法改正は良いという
野党は真に平和憲法、民主主義、自由を守る
とは言ってないのです。野党の言う憲法守るの
ニュアンスはあなたの考えと一致してますか? これだけみても、与党も野党も右と左から両面から 憲法改正したがっているのがわかります<br> きわめて危険なところにいます
今回の参院選の立候補を
立候補間際まで見てました
ところが、護憲という野党側は
候補者を何人も乱立させ
まるで憲法改正派の自民党
公明党は悠々と当選させ
一方、護憲派の野党は候補者の乱立で
票を思いっきり分かれさせ
護憲派が当選しにくいようにしました
野党の護憲派にとっては
このようにするのが好都合です
前述したように
護憲派野党も本当は憲法改正賛成なのですが
それを野党がするとまずい。だから
敢えて、与党に勝たせ与党主導で憲法改正する
実に酷い日本の既成政党
以上述べたことは、与野党の人物達の
裏付けできる証拠はたくさんありますが
ここでは省略します
兎に角酷い日本の与野党、既成政党
,そして、ここで一番気をつけて頂きたいことは
その既成政党から出馬するのが
政治色の無いタレント、スポーツマン
この人たちだけを見て
投票してはいけないのです
この人を立候補者に決める人たちが誰か
それは国民を苦しめている人たちです
このタレントやスポーツマンを議員にしても
国民の敵にはなっても味方ではないのです
国民を苦しめる既成政党のお偉いさんの
言うことしか聞かない人たちだからです
売れないタレントや老化したスポーツマン
無能な世襲、政治塾出身者などは>br> 国民の敵の操り人形そのものです
彼らに投票することをやめない限り
日本人は不幸が続くでしょう
======================== ボランティア登録
ご寄付の受付は
お問い合わせフォーム ご寄附の際は必ずお知らせください
よろしくお願いします
犬丸勝子
犬丸勝子
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2seigi

Author:FC2seigi
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。